上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

営業 ブログランキングへ
カテゴリー: スポンサー広告

正直者はバカを見ない

飛び込み営業を続けていると、必ず素晴らしいお客様と出会える。

しかし最初のうちは、嫌な顔をされたり、きついお言葉をいただいたり、色々ある。

そんな中、自分のやっている事に自信がなくなり、お客様に嘘をついたり。

会社が保証していないことを約束してしまったり。

穴の開いた自信を埋めるかのように、薄っぺらな紙切れを貼り付けてしまう。

実は私も経験がある。

嘘をつくとさらに嘘をつく必要が出てくる。

最初はお客様に。そして、次は社内。そして問題が手のつけられない状態になってから、

一気に清算させられるハメになる。

もう、それはそれは恐ろしい事になる。。。思い出したらブルっときた(^_^;)

それからも何度かやってしまいましたが、傷だらけになり、いい加減身にしみました。。。

会社、商品、そして自分自身。どうしても自信がないのなら、それは『自分自身』だと気づきましょう。

会社は信念をもっている。

商品も売れると思っている。

ただ、当の売る本人が「これが売れるのかぁ?・・・」と思っていたら、売れるものも売れない。

ただ、嘘をついて良い商品だと思わせる位なら、ありのままを伝えればいい。

この『ありのまま』は、実はすごい力を持っている。

ちょっとデメリットな事でも、

「ここは自信を持ってデメリットだと言えます!!」ビシッ!!

なんて言うと、『正直な営業マンだ』と思ってくれる。

それだけでも儲けモンだ。

何の商品やサービスにも『デメリット』はつきもの。

メリットばかり強調する営業マンって、ちょっと胡散臭くないですか?

デメリットばかりを『明るくきっぱりと』言う営業マンって、信頼できると思いませんか?

逆に、デメリットを宣言されたあとに、メリットに納得して購入したお客様はクレームなんて

出ませんよね。

『正直者はバカを見ない』という事です。

私は身を持って、この両方を味わいました。

正直者が一番楽で、一番お客様に喜んでいただけます。


営業 ブログランキングへ
カテゴリー: 営業マンの技 | コメント: 0 | トラックバック: 0

PR

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


サイドバー背後固定表示サンプル

秘密の扉

しばらくお待ちを・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。